【トリプル】頑丈ヤミラミ

はじめに

【トリプル】メレシーラッキー

2015.02.01

前回のメレシーラッキーで使った頑丈スキスワのアイデアがどうしても忘れられず、どうにかして上手い事活用出来ないかと考えるところからスタート

色々考えた結果、頑丈ならがむしゃらではなく痛み分けを使ってもいいことに気付いた。

これによって候補となるポケモンは一気に増加。スキスワ+痛み分けやなりきり+痛み分けを出来るポケモンはめっちゃ多いのであーる。

最終的に猫だましとフェイントが出来て特性により最初のターンの隙を消せてなおかつ猫だまし無効とかいう最強のポケモンを見つけた。

sableye

ヤミラミであーる

次に頑丈ポケモンを誰にするか悩んだのだが、前回の反省としてトリル要員はゴーストにするべきであるというものがあったのでメレシー以外で考えることに。

そうして、フリフォやフェイントでトリルサポートの出来そうな

skarmory
エアームドを採用することにした

パーティ

sableyeskarmorysylveon f91b3fec jellicent-f amoonguss

デアールってキャラマリオストーリーにいたよね

基本的な流れ

skarmorysableyejellicent-f

ムドーヤミラミブルンの並びからまずはなりきりを選択。頑丈ヤミラミを作ったあとはエアームドはフリーフォールでブルンゲルのトリルを阻止しそうなポケモンを連れ去る。ブルンはトリル。フリフォで相手を持ち上げることでヤミラミが集中されて落ちにくくなったりもするぞ!

あとは痛み分けで相手の体力を半分減らしたところに眼鏡ハイボぶちこんだりとかそういう感じで勝ちっ

個別

ヤミラミ

sableye
ヤミラミ@木の実ジュース レベル1
特性:いたずらごころ 性格:勇敢
12-6-6-6-6-5
技:痛み分け/なりきり/ねこだまし/フェイント

レベル1ヤミラミ。頑丈になったら痛み分けで無限に回復出来る。超ゾンビ。

木の実ジュースを持たせることで集中されても余裕な感じになる。

いきなりぶっちゃけるが別に頑丈痛み分けは強くなかった。がむしゃらと違ってギルガルドに通るのは良いのだが、それだけ。

猫騙しやフェイントによるサポートは強力だったのだが別に頑丈は関係なし。

エアームド

skarmory
エアームド@拘りスカーフ レベル50
特性:頑丈 性格:陽気
フリーフォール/フェイント/岩雪崩/アイアンヘッド
141-132-160-52-90-134

封印役やシャドボ持ちなどをフリフォすることでトリル始動の役に立った。

初ターンとトリル2ターン目で合計2ターンの間、相手の動きを止めることが可能。

初ターンのサポートとしては役に立ったのだがせっかくトリルをしたのにスカーフムドーとかいうポケモンが場にいるせいでイマイチ攻めきれない場面も多く、そもそも攻めたい相手が空にいたりするので邪魔だった(ひどい)。

アイアンヘッドはトリルが切れたあと相手を一掃するのに役に立った。ニンフィアに7割ぐらいのダメージが入るぞ!!

レベル上げの時にネイティオと対面した時のシュールさが一番面白かった

ピンクなみなさん

f91b3fec jellicent-f amoongusssylveon

バクーダ@メガ 噴火放射大地守る
ブルン@ラム しおふきシャドボ再生トリル
バレル@ゴツメ 粉胞子エナボ守る
ニンフィア@眼鏡 ハイボムンフォシャドボ石火

つよい。なんか色が優しい。メガバクの大地でシュカドラン落とせるんですね。

雑感

下4匹が強かった。

真面目な話をするなら、フリーフォールによるトリルサポートは持ち上げた相手にダメージを与えられないので高火力なポケモンがフリフォするなどの工夫が必要っぽかった。

ラキメレよりも動きを合理化出来たのは間違いないし、実際10勝2敗でレートが1600から1700まで上がったので、とりあえずラッキーを頑丈にするよりは強いはず。

しかし勝った試合でヤミラミが活躍したのはせいぜいフェイントを撃った1試合ぐらいであり、別にこの枠がヤミラミである必要性が全くなかった。

合理化したのに弱い。だめですねこりゃ。

 

(勝率は悪くないのに)メインのギミックが弱いというあまりに悲しい理由で解体することとなった。

やっぱレベル1ポケモンは襷を持たせるべきなんだろうか・・・。うーむ。
ガルドに通らないがむしゃらに変わる、最強の兵器になるかと思ったんだけどなあ痛み分け。残念。

ではでは

なりきり使用構築リンク

【トリプル】筋肉雨滅び

2015.04.10

【ORASトリプル】デデンネダンス ~Shall we DEDENNE Dance?~

2014.12.10

【ORASトリプル】むらむらラティランド

2014.11.28